メディアセブンとは

ホーム / メディアセブンとは

メディアセブンは、地域の文化、歴史、産業、芸術などさまざまな分野と連携しながら、総合的に学び、探求する新しいタイプの「学びの場」です。
ここで行われたワークショップなど活動に関する情報や、活動によって得られた知識や経験を収集・管理・保管・提供し、さらにこれを市民(利用者)が共有する「場」をデザインすることにより、文化を創造していきます。
人と人が結びつき、協力して何かが成し遂げられる「協働性」の大切さを見なおし、市民相互の結びつきの質によってもたらされる学習や活動、解決された問題などが、当センターの活動として評価されるべきものであると考えます。

当センターには、完成形はありません。地域の文化活動拠点として、人と人の結びつきの「場」をデザインしそれを実現して運用し続ける仕組みを維持しながら、社会の変化、映像・情報機器の進展を考慮し、つねにサービスを見なおし、発展していく施設です。

ページのトップへ